競馬初心者は流し買いをマスターせよ!回収率を上げる3つのコツを紹介

馬券の買い方

競馬には様々な馬券の購入方法がありますが、馬券を買う時はある程度の購入方法を決めておく事がオススメです。

  • 一点買い
  • ボックス買い
  • 流し買い
  • フォーメーション

これらが一般的な馬券の購入方法ですが、この中で競馬初心者の方に最もオススメしたい購入方法は『流し買い』です。

流し買いって何?どうやって買えば良いの?的中させる為のコツは?そう思っている人に、競馬初心者におすすめしたい流し買いの極意を紹介していきたいと思います。

これを覚える事で競馬の的中率や回収率を大幅に上げる事ができます。全然馬券が当たらないと悩んでいる初心者の方は特に必見ですよ!

流し買いってどういう買い方?

馬券の買い方の種類を冒頭で紹介してきましたが、そもそも全て買い方の方法や特徴を知らないという方も少なくないと思います。という訳でまずは流し買いの特徴や、他の馬券購入方法の特徴の違いを紹介していきたいと思います。

買い目の中心を決める

流し買いを簡単に説明すると、『買い目の中心となる競走馬を決めて、その馬を軸にした馬券の全通りを購入する。』というものです。例えば1着と2着の着順を当てる馬単を例に出して考えてみましょう。

馬単を流し買いで購入する場合、まずは買い目の中心となる絶対的な競走馬を決めます。それが例えば1番の馬だったとしましょう。そして軸となる馬を4頭選びます。今回は「2,3,4,5」の馬を軸とします。すると流し買いで購入する場合は以下のようになります。

1-2、1-3、1-4、1-5

1番の馬を軸にした4頭流しの馬単の買い目は上記の4つとなります。次にこれが3連単だった場合はどうなるかを考えていきます。馬単と同じく、1番を買い目の中心、続いて2~5を軸として考えます。

3連単の場合は以下のような買い目になります。

1-2-3、1-2-4、1-2-5、1-3-2、1-3-4、1-3-5、1-4-2、1-4-3、1-4-5、1-5-2、1-5-3、1-5-4

このような買い目になり、これは1着固定の4頭流しの3連単という言い方になりますね。流す馬が上記のように4頭であれば4頭流し、8頭ならば8頭流し、全頭であれば全頭流しという言い方になります。

また、何着まで中心馬を固定にするかでも変わります。上記の場合は中心馬を1着に固定にしていますが、1着と2着の馬を2頭で固定して、3着を流すという方法もとる事が出来ます。この場合は1、2着固定の3着流しという買い方になりますすね。

初心者にボックス買いをおすすめできない理由

流し買いは軸馬を決めて購入する馬券方法ですが、ボックス買いは軸馬を決めるのではなく全ての買い目を購入するものなので、根本的な考え方が流し買いとは全く違うという特徴があります。

流し馬券のメリットは買い目の中心となる馬を的中させることが出来れば高い確率で的中するという事ですが、反対を言えば買い目の中心となる馬が外れていたら軸馬が的中していても馬券は外してしまいます。

対してボックス買いは違います。中心となる馬を外したとしても、軸で抑えていた馬がいれば的中します。つまり、流し買いよりもボックス買いの方が的中しやすいというのは間違いないという訳です。

それなのに何故、ボックス買いよりも流し買いの方が初心者にオススメなのか…その理由は購入点数にあります。

3連単ボックス買いの点数

・3頭⇒6通り
・4頭⇒24通り
・5頭⇒60通り
・6頭⇒120通り
・7頭⇒210通り
・8頭⇒336通り

確かに当てやすいとは言え、ボック買いだと上記のような買い目の数に膨れ上がってしまいます。5頭ボックスで60通りです。100円ずつ賭けたとしても6000円になってしまいますので、初心者の方にはなかなかオススメできません。4頭ボックスで4頭中3頭を当てるのも難しいですよね。

反対に流し買いであれば買い目の点数を自分自身で絞ることが出来ますので、無闇に無駄馬券を購入する心配がないのが特徴です。ボックス買いは入っている全ての馬の買い目を購入してしまいますので、無駄馬券が増えてしまい、買い目の点数が極端に上がってしまう為、当たりやすいものの初心者の方にはオススメできないという訳ですね。

流し買いで回収率を上げる為のコツ

流し買いは特に競馬初心者に絶対的におすすめしたい馬券購入方法です。しかし、それでも馬券を当てるのは難しく、簡単に当てられるものではありません。

ここからは流し買いを活用し、馬券的中率を少しでも上げる方法について紹介していきたいと思います。以下の方法、以下の条件が揃っている時に流し買いを活用する事で、初心者でも回収率を上げる事ができます!

1頭軸か2頭軸かを見極める

流し買いは1頭軸にするか2頭軸にするかで大きく性質が変わってきます。絶対的な本命馬がいるかどうかでこれは変わってくるのですが、基本的に絶対的な本命馬がいる場合は1頭軸、絶対的な本命馬が不在の場合は2頭軸で勝負をかける場面が多いかと思います。

1頭軸の弱点は上でも言いましたが、その馬が外れた場合、全ての馬券が外れてしまうという事です。

具体的な例を出すと去年の有馬記念。絶対的な本命馬はアーモンドアイで、オッズも1倍台という圧倒的な1番人気でした。アーモンドアイの単勝と、アーモンドアイを1着固定にした馬券を大量に購入していた人も多くいます。中には数千万円とかけていた人もいたそうですよ。

しかし、結果的にはアーモンドアイは3着以内にも入らずに1着はリスグラシューでした。この場合でも、アーモンドアイとリスグラシューの2頭軸にしておけば馬券は的中したという訳です。

絶対的な本命馬がいる時に馬券の買い目点数を押さえて厚く購入することが出来る1頭軸は有効的ですが、その1頭がこなかった場合に全て外れてしまうというリスクは背負ってしまうことになります。そのリスクがある事は承知しておきましょう。

総流しを活用して万馬券を狙う

流し買いは基本的に絶対的な自信を持っている馬をまず決めなければ購入する事が出来ません。流し買いの場合は、中心となる馬をまず決めますよね。流し買いで万馬券を狙うコツは、総流しを上手に活用するというものです。

総流しとは読んで字の如く、全ての馬で流すというものです。もちろんその中にはオッズの高い馬も混ざっていれば、大穴と言われる馬も混ざっています。3連単であれば、1着2着が人気の高い馬であっても、3着に人気の薄い馬が入ればその馬券の価値はかなり上がります。軸で穴馬をいれて万馬券を狙うという手法です。

例えば2頭の軸馬を決めて総流しを利用したとします。その場合の買い目は1着と2着を2頭にして、3着を全頭で流します。1着2着に狙いの馬がくれば全頭で流していますので100%的中ですし、もしも3着で穴馬が入れば3連単の場合はかなりの配当が見込めます。

総流しを活用してほしい場面は実力が拮抗しているレースや、荒れる可能性が高いと言われているレースです。有力馬はいるものの、3着に誰が入るかは読めないレースというものが競馬には良くあります。そういった時に総流しを使い、3着に穴馬が入る事を祈りながら馬券を購入するのです。連対でなくても3連単で大きな勝ちを拾える可能性があり、総流しを毎回活用して万馬券を狙っている人は、競馬初心者以外にも多くいるんです。

思わぬ伏兵を見逃したくない時、絶対的な自信を持っている2頭が決まっている時などは総流しを活用して馬券を購入してみるのが良いかもしれませんよ!

絶対的な本命馬がいる場合は流しが鉄板

流し買いが効力を発揮する場面は、絶対的な1番人気の実力馬がいるレースです。絶対にこの馬は1着になる!実力が他の馬と比べて段違い!という時に、その馬を1着で固定して流し買いを行うという訳です。

その時の流し買いにオススメなのは3連単ではありません。競馬初心者は流し買いとは言え、いきなり3連単を当てるのは難しいので、まずは馬連、馬単などで様子見を行っていくのが良いと思います。

初心者の方にオススメなのが馬単です。絶対的な自信を持っている1着になるであろう馬を1着で固定し、2着を流していくのです。馬単であれば買い目点数も増えて行きませんので、初心者の方でもある程度の予算で馬券を買えます。買い目の点数が増えてしまうと初心者の方は痛いと思いますので、点数を抑える努力も欠かしてはいけませんよ。

更に3連複の1頭流しであれば、中心馬を1頭決めて軸馬を数頭に絞れば更に当てやすくなります。中心馬が3着以内に入り、更に軸馬が3着以内に2頭入ればOKというのが3連複なので、3連単よりも格段に当てやすく、更に波乱があればオッズ的にも美味しいものになっていくのが3連複の醍醐味です。

流し買いが最も効力を発揮するのは絶対的な1番人気の馬がいて、実力が抜けている馬が1頭いる場合と思っていると良いと思います。軸となる馬を決めやすくなるというのは、圧倒的に流し買いを勝ちやすくしてくれます。

まとめ

以上で競馬初心者が覚えるべき流し買いの方法や極意についての説明は終了となりますが参考になりましたか?フォーメーションやボックス、一点買いなど馬券の購入方法については色々なものがありますが、初心者はまずは流し買いを覚えることをオススメします。

流し買いは中心となる馬を決めないと購入する事が出来ませんので、流し買いばかりやっていると、中心となる軸馬を見つける事が出来る目が育っていきます。

もちろん軸馬を外せば全ての馬券がはずれというデメリットはありますが、人気馬が本当に勝つのかどうか、人気はないけど勝つ馬はどれなのかを見定める目を養うという点でも、流し買いをまず最初に初心者は必ず覚えるべきです。

流し買いが効力を発揮すると上記3つは必ず覚えておき、流し買いを覚えてからボックス買いやフォーメーションを使うようにしましょう。初心者の方は忘れずに必ず覚えておきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました